18 Nov 2021

マクラーレンベールのトップ10レストランで、美しいブドウ畑と見事な景色を眺めながら、美味しいお酒とお食事をお楽しみください。

フルリオ半島のマクラーレンベールでは、ゴージャスなビーチと最高のワイン産地が組み合わさっています。アデレードから車でわずか40分、農場で作られた新鮮で持続可能な食材を食べ、世界的に有名なワインを飲み、豪華な隠れ家に滞在して一日を過ごしましょう。

マクラーレンベールの最高のレストラン トップ10

1. ダアレンバーグ・キューブ、マクラーレンベール

The dArenberg Cube, McLaren Vale
The dArenberg Cube, McLaren Vale

ちょっと浮世離れしたダアレンバーグ・キューブd’Arenberg Cubeは、ワインテイスティングルーム、360度のビデオルーム、素晴らしいブドウ畑と海の景色が美しいパノラマ・テイスティング・エリアを備えた、5階建ての多機能ワインセンターで、ここで楽しく一日を過ごすことが出来ます。キューブのレストランでランチがおススメです。ここは、オーストラリアで初めて3Dプリンターを使用して料理を作りました。

2. ミトロワイン、マクラーレンベール

Mitolo Wines, McLaren Vale
Mitolo Wines, McLaren Vale

マクラーレンベールの中心部に位置するミトロワイナリーは、パーソナライズされたテイスティングを提供します。 ミトロのボッカ・ディ・ルポ・イタリアンレストランで贅沢な高級ダイニングをお楽しみください。ワインテイスティングの延長のような自然な感じのレストランで、ランチとディナーを提供しています。

ヘッドシェフのトム・ジャック氏の料理スタイルは、モダンオーストラリア料理とアジア風のテイストを現代的なイタリア料理と組み合わせた、ちょっと凝ったフュージョン料理です。 オープンして間もない2018年にはAGFGのシェフハット賞(星付きのレストラン賞)を受賞しました。

3.レッドポール、マクラーレンベール

Red Poles, McLaren Vale
Red Poles, McLaren Vale

レッドポール・カフェ&レストランは、ブドウ畑の真ん中にあり、お料理、ワイン、アート、ビールが完璧にブレンドされているのが特徴です。メニューは、フルリオ半島周辺と自家菜園からの食材に焦点を当てています。 レッドポール・ギャラリーは、南オーストラリアの新人及びベテランのアーティストの作品を展示しており、南オーストラリア州各地の先住民芸術の展示にも力を入れています。

4. カラント・シェッド、マクラーレンベール

The Currant Shed, McLaren Vale
The Currant Shed, McLaren Vale

ライムの木立と美しいブドウ畑の間にあるカラント・シェッドThe Currant Shedは、マクラーレンベールの移住が始まったころの混合農業(牧畜と農業)で生計を立てていた時代の家屋敷の一部です。今日、カラント・シェッドは、オーナーのヘイミッシュ・マグワイア氏とエミリー・ドウイー氏の下、独特の魅力、素晴らしい景色などマクラーレンベールでも最高のメニューの1つがブレンドされたレストランです。

5. コリオール・ヴィンヤード&ギャザーレストラン、マクラーレンベール

Gather at Coriole, McLaren Vale
Gather at Coriole, McLaren Vale

マクラーレンベールのワイン造りの歴史に深いかかわりを持つコリオールCorioleは、数々の賞を受賞したワイナリーです。ここのブドウ畑で栽培されたシラーズとカベルネソーヴィニヨンの他に、サンジョヴェーゼ、フィアーノ、ピクプールなど、さまざまな地中海沿岸のブドウ品種を開拓してきました。

ブドウ畑を見渡すギャザー・レストランGather Restaurantは、1850年代に建てられたコリオールの邸宅とアイアン・ストーンでできた納屋の間にあります。レストランは、地元の旬の食材を使った料理を提供することを大切にしており、ワイナリーの敷地内の菜園と多くの地元のアルチザン食材の生産者の協力を得て、マクラーレンベールのリラックスしたライフスタイルが反映されたメニューがとても人気です。

6.サロピアンイン、マクラーレンベール

The Salopian Inn, McLaren Vale
The Salopian Inn, McLaren Vale

マクラーレンベールを代表するレストランであるサロピアンインは、オーナーのカレナ・アームストロング氏の菜園で採れた食材などを使って、南オーストラリアの最高の料理に仕上げています。 サロピアンインのメニューは多岐にわたり、そして常に進化しており、カレナ氏の絶え間ない料理の探求心を反映しています。旬の食材や、オーガニックの果物、野菜、地元産の牛肉、子羊肉、鶏肉、獲れたてのシーフードを使ったメニューが人気です。

7.スター・オブ・グリース、ポート・ウィランガ

Star of Greece, Port Willunga
Star of Greece, Port Willunga

ポートウィランガのスター・オブ・グリース・レストランStar of Greeceは、数々の賞を受賞しており、南オーストラリアの食通にとって、大切な財産です。ここでは、そびえ立つ崖からセントビンセント湾の素晴らしい景色を眺めながら、南オーストラリアで最もジューシーなシーフードをお楽しみください。このレストランは建物や派手な装飾に依存しない代わりに、自然の素晴らしい環境の中で卓越した料理とワインを提供することを大切にしているレストランです。

8. ピザテカ、マクラーレンベール

Pizzateca, McLaren Vale
Pizzateca, McLaren Vale

ピザテカは、マクラーレンベールにある家族経営のイタリアンレストランで、薪窯で焼いたナポリ風のピザを専門としています。レシピは世代から世代へと受け継がれ、そのビザはゴージャスな白いコテージの中で提供されています。装飾はモダンで、ピザはほっぺたが落ちるほどおいしいですよ。

9. マクスウェル・ワイン、マクラーレンベール

Maxwell Wines, McLaren Vale
Maxwell Wines, McLaren Vale

マクスウェル・ワインは、マクラーレンベールの息を呑むような景色が眺められる、石灰岩の建物が特徴です。ヘッドシェフのファビアン・レーマン氏は、マクスウェル・レストランMaxwell Restaurantのアラカルトメニューを含む多彩なメニューを作り出し、この地域でも飛び切りの料理を紹介しています。是非お食事の前に、ワインをテイスティングして、ご希望にぴったり合うワインを選んでください。または、ワイナリーがお料理とマッチングさせたワインと一緒にお楽しみいただくのもおすすめです。

10.レオナルドミル、セカンドバレー

Leonards Mill, Second Valley
Leonards Mill, Second Valley

築160年の美しい製粉所を利用した、セカンドバレーのレオナルドミルLeonard’s Millは、地産地消を目指しているレストランとして有名です。夏はデッキでのロングランチ、冬は暖炉のそばでワインをお楽しみください。敷地内にはベッド&ブレックファーストスタイルのコテージが2室あり、マクラーレンベールとフルリオ半島を楽しむ旅に最適な拠点です。

もっとフルリオ半島について知りたいですか。フルリオ半島でのおすすめトップ5  TOP 5 THINGS TO DO IN THE FLEURIEU PENINSULAをご参照ください。

 

;