ウィタンガ植物園

Free

Overview

Wittunga Botanic Garden

ウィタンガ植物園は、アデレードのすぐ近くにありながら、13ヘクタールという壮大な敷地を持つ、隠れたオアシスです。
この植物園には、オーストラリアと南アフリカの在来種の植物が多く集められているため、日本ではあまり見ることのできない珍しい植物が多く、必見の場所です。春には無数の小花が美しいエリカと多くの種類の豪華なプロテア花がの見事に咲き乱れます。さらに、カンガルー島とフルリオ半島の植物の豊富なコレクションが特徴です。

園内の草花は野鳥をひきつけるので、多くの野鳥を見ることができます。木漏れ日あふれる芝生も多く、湖畔でのピクニックもおすすめです。

この植物園の目玉は、バンクシア、グレビレア、ハケアを特徴とするオーストラリア原産の植物群と、反対側にある南アフリカのプロテアやロイカデンドロンの植物群の間にある美しい湖です。この植物園には、蝶のガーデンと南オーストラリア州で絶滅の危機に瀕しているユーカリの木々が植えられています。野生のコアラににもご注目を!

ウィタンガ・ネーミング・ウォークは、植物が科学的にどのように命名されているか、そしてその名前の由来が人からまたは植物の特徴からなのかなどを示しています。園内に24か所の説明標識が設置されており、関連する植物の横に配置されています。



Price

Free