カンガルー島の公園と野生動物

野生動物でいっぱいの島

カンガルー島は、特殊な島です。独自のカンガルーの種が生息する、それだけでもこの島に来る価値があるのです。  

あらゆる種類の 在来動物の中には、バンディコート、フクロギツネ(brushtail possum)、 ハリモグラ(Echidna)、コアラ、ペンギン、アシカ、 タマーワラビーなどがいます。水中にもぐれば、カンガルー島は、まったく違う世界を見せてくれます。他では見られない独特の魚や、海草のように見えるリーフィー・シードラゴンなど、独特の海の世界が広がります。

あらゆる種類の 在来動物の中には、バンディコート、フクロギツネ(brushtail possum)、 ハリモグラ(Echidna)、コアラ、ペンギン、アシカ、 タマーワラビーなどがいます。水中にもぐれば、カンガルー島は、まったく違う世界を見せてくれます。他では見られない独特の魚や、海草のように見えるリーフィー・シードラゴンなど、独特の海の世界が広がります。

アザラシ、それともオットセイ?

違いは確かにあります。特に二ュージーランドオットセイと比べると、オーストラリアアシカはすぐわかります。耳介があるのがニュージーランドオットセイです。シール・ベイのアザラシツアーでは、オーストラリアアシカの棲息地に行き、彼らと出会うことができます。これができるのは、カンガルー島だけです!

国立公園

カンガルー島は、3分の1を国立野生保護公園に充てています。その中でもフリンダース・チェイス国立公園は最大の規模で、見応え十分のリマーカブル・ロックスやアドミラル・アーチなどがあります。フリンダース・チェイスの野生動物の多くは絶滅に瀕した種類です。

ケリー・ヒル自然保護公園には、息を呑む美しさのライムストーンの洞穴があり、ケープ・ウィロビー自然保護公園には、南オーストラリア州で最初の灯台があります。

これこそ冒険

カンガルー島は、ウォーキングの好きな方なら大喜びの場所です。遊歩道には方角や案内を示す標識が随所に立っています。ケリー・ヒル自然保護公園で、ライムストーンの洞穴やトンネルの迷宮を探検してみましょう。

カンガルー島で一番いいところを見るには、ガイド・ツアーに参加すると簡単です。案内してくれるガイドは地元の住民ですから、なおさらのこと。カンガルー島の秘密を知り尽くしたガイドに、行きたいところ、見たいものを伝えたら、あとはお任せしましょう。

自然保護

カンガルー島の稀有な生物は、絶滅に瀕した種類ばかりです。カンガルー島 のスミントプシスは、カンガルー島でしか見ることのできない在来動物のゴアナや蛇、ユニークな6種のコウモリ、6種のカエルと同じ環境を共有しています。

検疫

カンガルー島は、厳しい検疫法でこれらの動物を守っています。ですからオーストラリア本土から来られる場合でも、持込のできないものはたくさんあります。
例えば、はちみつ、蜂蜜でできた製品、ぶどう園の土、ぶどうのつたなどが含まれます。
ジャガイモは、新しい未開封の袋に入ったものに限り許可されます。皮はすべて捨ててください。本土でキャンプしてきた方は、自分の車やキャンプ道具、ハイキングブーツに土や種がついていないことを必ず確認してください。

ユニークな未開の土地、カンガルー島 の保存にご協力ください。

おすすめ体験

滞在中に楽しめるアイデアをご紹介します。

イベント開催情報

カンガルー島ではさまざまなイベントが行われています。あなたをきっとわくわくさせるアイデアを、いくつかをご紹介します。

Back to top